手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

手紙の宛名の書き方と注意点

手紙の宛名の書き方と注意点

手紙を書く際に意外と分からないのが「宛名」かもしれません。その相手がいるからこそ手紙を書く訳ですが、相手によって使い分けなければならないのか、専用の表現があるのか迷ってしまうのも無理はありません。

ここでは宛名に関するバリエーションなどを見ていきましょう。

個人宛て

「様」は誰にでも使える基本中の基本の表現です。年齢、社会的な立場にかかわらず、敬意と一定の尊厳を持って扱っていることを示します

書き言葉だけに限定されるものでもなく、これさえ使っておけば間違いないというポジションの言葉です。「殿」もよく見られる表現ですが、現在では格下か同格の相手に使うという認識が一般的であるため、「様」を使う方がより確実です。

「殿」は卒業式の表彰状や資格の証書、あるいは公的な文書でよく使用されます。

会社・団体宛て

「御中」は、会社や団体など組織を相手に手紙を書く際に使用されます。おんちゅうと読み、会社に充てる場合なら社名、課や部所名、御中の順に記します。

この場合個人が宛先ではなく直接社名や部署名が御中の前に並びます。では、会社や部・課に属する個人に書く場合はどうでしょうか?この場合も、人に当てて書くゆえに「様」の表現が適切です。肩書は個人名の前に置き、必ず最後に宛名が来るようにするのが正しい書式です。

個人名を入れずに役職で終わる宛名の書き方もありますが、その場合も「~部長様」等のように「様」をつけるのが正解です。「各位」とする手紙をご覧になったことはありますか?

これは複数の個人に宛てた手紙の場合に用いられる表現で、各方面という意味を含んでいます。招待状や案内状などの宛名に使用されます。「各位」で敬称としての機能があるため、その後に「様」や「殿」は使用しません。

仲介者宛て

誰かを介して送る手紙で使用するのが「~様方~様」、「~気付~様」です。こういった手紙を書く機会は減ってきていますのであまり目にすることはないかもしれませんが、「~様方」宅を通して「~様」に手紙を届ける、「~気付」の企業や団体を通して「~様」に届ける場合に使用します。

これであれば言づける側への礼儀を示しつつ、個人に手紙を届けるという任務を果たすことが出来ます。「~気付~御中」であれば、「~気付」の会社を通して「~御中」の会社に送ることが可能です。

まとめ

手紙の宛名には幾つかルールがありますが、覚えてしまえばそれほど恐れるようなことでもありません。突如としてやってくる手紙を書く機会に備えて覚えておきましょう。


  • TOP