手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

今話題の手紙レター資格を取得するためのツールとして、老舗通信教育機関・諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」を利用する方法があります。

この講座の受講費用はどのくらいかかるのでしょうか?資格取得にかかる費用とその支払い方法についてみてみましょう。

「レターライターW資格取得講座」の受講費用はどのくらい?

諒設計アーキテクトラーニングの資格取得講座は、各講座に通常講座とスペシャル講座があります。レターライターW資格取得講座の通常講座は、手紙レター資格を自分で目指す講座となっています。

通常6ヵ月(最短2ヶ月)という受講期間、自分のペースで学習を進めながら講座を卒業します。その後、認定試験の申請手続きをし合格することで資格取得となります。

通常講座の受講費用は税込み59,800円となっています。それに加え、各認定試験費用が税込み10,000円別途に必要となります。

一方、スペシャル講座は、通常講座と同じ講座内容を扱っていますが、講座卒業後、卒業課題を提出することで認定試験が免除となり、2つの手紙レター資格が認定されます。受講料は資格保証込みで税込79,800円です。

「レターライターW資格取得講座」の支払い方法とは?

諒設計アーキテクトラーニングの講座の受講料支払い方法は、一括払いと分割払いが用意されています。通常講座の場合、一括払いは税込み59,800円、分割払いは3,300×20回(初回のみ4,276円)となっています。

一方、資格保証込みのスペシャル講座の場合、一括払いは税込み79,800円、分割払いは3,800円×24回(初回のみ3,891円)と設定されています。

「レターライターW資格取得講座」の特徴とは?

レターライターW資格取得講座は、手紙の基本的な構成、年賀状や招待状、さまざまな式典の手紙、季節の手紙、礼状、送り状などさまざまなシーンに送れる模範的な手紙の書き方を学べます。

「レターライター」「手紙ライター」資格取得を目指し、初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムが構成されているので、だれでも安心して学べる魅力的な講座内容となっています。

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」の通常講座は59,800円、資格保証込のスペシャル講座は79,800円で受講できます。

支払い方法は一括払いと分割払いからお好きな支払い方法を選択することが可能です。


  • TOP