手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

古来の手紙と現代の手紙の違い

古来の手紙と現代の手紙の違い

他の人に情報を伝える”通信”は、古来から行われている情報伝達で、時代とともにそのツールも変わってきています。現代では、インターネットが普及してから手紙を書く機会がめっきり減少してきています。

では、古来はどのような手紙が使われていたのでしょうか?古来の手紙と現代の手紙の違いについてみてみましょう。

古来の手紙について

手紙は紙に文字を書くことが基本と思われている方も多いことでしょう。しかし、紙が製造される前から手紙文化は存在しています。

紙がなかったのでロープを使って情報を伝達した「藁算」や、くさびや針など使って粘土板に刻んだ「くさび文字」などで行われていました。その後、木片や竹片などをつかって手紙が書かれていました。

そして、紙が登場してから、文字を書く筆などの道具も誕生し、手紙を書くことが一般的になってきました。郵便制度も生まれ、最初は走って届けていたようですが、より早く、そしてより遠くまで届けるために馬や鳩などの動物を使用していたとも言われています。

その後、駅を使うようになりスピードも速くなり、現在にまで至っています。

現代の手紙について

現代では、携帯電話やスマートフォン、メールやSNSでの情報伝達が一般的となっており、手紙を書く機会が減少している傾向にあります。しかし、温かい思いを伝えられる手紙が、昨今改めて注目されています。

はがきや手紙などでコミュニケーションを図ることで、相手とのつながりや信頼感を強めるツールとして見直されています。手紙は日本の貴重な文化です。もししばらく手紙を書いていないなら、この機会に手紙を書いてみませんか?

諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」とは?

通信教育機関・諒設計アーキテクトラーニングは、さまざまな資格取得講座を扱っています。

その中のひとつ「レターライターW資格取得講座」が今、話題となっています。この講座は日本デザインプランナー協会主催の「レターライター」と、日本インストラクター技術協会主催の「手紙ライター」それぞれの認定試験に有効な講座内容を提供しています。

手紙のルールや作法など基礎的なことを学び、理想的な美しい手紙が書けるよう、自宅で自分ペースで学べます。すでに多くの方から高評価を得ているオススメの講座となっています。

まとめ

いかがでしたか?この機会に心温まる手紙を書いて誰かに送ってみませんか?手紙について学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することをオススメします。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。


  • TOP