手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

日本には手紙文化があります。しかし近年、手紙文化が薄れていましたが、その素晴らしさが再注目されています。そこでビジネスにも役立つ手紙レター資格が話題となっています。

資格取得を目指すことで、意外と知らなかった手紙の正しい書き方をマスターすることが可能です。手紙レター資格とはどのような資格なのでしょうか?その難易度と勉強方法についてみてみましょう。

手紙レター資格とは?

手紙レター資格にはいくつかの種類がありますが国家資格ではなく、すべて民間資格です。

その中でも受験資格がなく誰でも自由に受験することが可能な日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「レターライター」と、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「手紙ライター」が人気となっています。

ではその難易度についてみてみましょう。

手紙レター資格の難易度について

「レターライター」認定試験を受験するには、主催している日本デザインプランナー協会のホームページで申請手続きをする必要があります。

認定試験は年に6回偶数月に実施しており、受験方法は自宅での在宅受験を採用しています。合格基準は70%以上となっているので、比較的合格しやすい認定試験と言えるでしょう。

「手紙ライター」認定試験も、主催している日本インストラクター技術協会のホームページで受験の手続きをします。

レターライター同様、年に6回試験が実施されており、自宅での受験となっています。合格基準は70%以上と設定されています。

手紙レター資格取得の勉強方法とは?

レターライターも手紙ライター合格基準は70%以上ですが、手紙レターに関する専門的な知識が出題されるので、しっかり試験勉強をして臨む必要があります。

そこでおススメの勉強方法として、2つの認定試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」の受講があります。この講座は初心者の方でも問題なく学べるようようカリキュラムが構成されいるので安心して学べるのがとても魅力的です。

また、勉強中に分からないことがあれば何度でも専属トレーナーに質問できる質疑応答サポート体制が整っているのもポイントです。

まとめ

レターライターと手紙ライターは、合格基準は70%以上なので比較的合格しやすい認定試験です。しかし、認定試験をクリアするためにはしっかり試験対策をして望む必要があります。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講して効率よく試験勉強をしませんか?


  • TOP