手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

手紙や電報の歴史と日本での認識

手紙や電報の歴史と日本での認識

手紙は日本の文化として古くから伝えられています。また、電信を用いた文書・電報サービスも手紙より急いでメッセージを伝えられるツールとして親しまれていました。

しかし、インターネットの普及に伴い、手紙を書く機会はめっきり減ってきています。そもそも手紙や電報にはどのような歴史があるのでしょうか?詳しくみてみましょう。

日本の手紙の始まりと歴史とは?

日本では、古くから文字を通信の伝達として用いています。紙の製法が始まる前は木簡を使用し、紙すきが行われるようになった平安時代になると和紙に文字を書き送っていたようです。

その後、機密性の高いものが封書にいれて送られるようになり、現代まで便箋と封筒文化が伝わっています。その間、はがきや電報などの異なる情報伝達も発達していきます。

現代ではインターネットでも情報伝達が当たり前のようになっていますが、近年手紙の文化が再注目されています。

日本の電報の始まりと歴史とは?

日本の手紙や電報を扱っている郵便事業は、1871年・明治7年に開始されました。当初は東京と京都、大阪に郵便役所があり、郵便取り扱い所は62ヵ所あったと言われています。

1873年までには東京から長崎まで電報を利用できる範囲が拡大し、1875年には全国で電報サービスができるまで発展し、郵便局で直接申し込みができるようになりました。

現在では電話とインターネットの普及に伴い、電報の利用者は減少している傾向にありますがそれでも年間1,000万通あまりの電報が贈られています

理想的な手紙が書けるようになる諒設計アーキテクトラーニングの講座

諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」では、手紙の基本的な構成や作法を学びながら日本デザインプランナー協会主催の「レターライター」と、日本インストラクター技術協会主催の「手紙ライター」それぞれの認定試験に対応した講座内容を提供しています。

手紙で挨拶を交わす習慣や機会が減ってきていますが、近年改めて日本の手紙文化が再注目されています。正しい日本語の使い方も学べるのでビジネスにも役立てることが可能です。

まとめ

手紙や電報は、インターネットとは異なる温かさや人のぬくもりを感じれる情報伝達としての魅力があり再注目されています。

この機会に諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し理想的な手紙の書き方を学んでみませんか?まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。


  • TOP