手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

手紙・文章ライター資格

手紙・文章ライター資格

現在、手書きの手紙をやり取りすることが少なくなってきていますが、心のこもった手紙を受け取ると嬉しいものではないでしょうか?

手紙を書く時に手紙の形式といったマナーを身に付けているならば、相手が喜ぶ文章を書くことができます。「手紙・文章ライター」の資格を取得すれば、自宅で講師活動をすることが可能です。

仕事に役立つ資格とは?

お礼状やお世話になっている人に手紙を書くことは現代でも必要なことです。就職活動のエントリーシートを書く時もきちんとした文章が必要なことでしょう。

手紙の書き方のマナーや、季節ごとの挨拶を知っておくならば、仕事や毎日の生活に活かすことができます。得意先にメールなどで挨拶文を送る時や、お礼状を送る時にきちんとした文章を書くならば評価も上がります。

きちんとした文章が書けるだけでなく、相手がもらって嬉しい手紙を書く方法があります。それは「手紙・文章ライター」の資格を取得することです。

日本インストラクター技術協会(JIA)主催「手紙・文章ライター」とは?

現代、手紙を使って挨拶を交わす習慣が薄れつつありますが、相手に親しみを伝える手紙を書けて、文章構成から手紙を書く時に必要な常識や知識を理解し、レベルの高い文章力を身に付けた人に認定される資格が日本インストラクター技術協会(JIA)主催「手紙・文書ライター」です。

日本インストラクター技術協会(JIA)は、人に教える力や技術に主眼を置いて、技術者として備える必要のある能力を一定の基準を設けてそれを満たす人に認定しています。

「手紙・文章ライター」の概要を見てみよう!

「手紙・文章ライター」認定試験は、日本インストラクター技術協会(JIA)のホームページから申し込むことが可能です。受験資格は特になく、誰でも受験することができます

認定試験は、年6回偶数月に実施されています。申し込みをすると日本インストラクター技術協会(JIA)から受験票と問題用紙、解答用紙が郵送されます。受け取る時に受験料金を代引きで支払います。

受験料金は、消費税込み10,000円です。試験は在宅受験になり、解答用紙は試験期間中に返送します。合格基準は70%以上の評価を得ることです。合否判定は約1ヶ月で分かることでしょう。

まとめ

仕事に役立つ資格でもあり、自分自身を磨くスキルとしても活かすことができる「手紙・文章ライター」を取得してみるのはいかがでしょうか?

手紙ライター資格


  • TOP