手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

資格取得に必要な基礎知識

資格取得に必要な基礎知識

手紙の書き方を学び手紙に関する資格を取得するならば、ビジネス文書だけでなく、ビジネスメールやフォーマルな手紙を書く時に役立ちます。

素早く文章を書くことができるので仕事も円滑に進みますし、人間関係も良くなります。手紙に関する資格取得に必要な基礎知識を見てみましょう。

手紙を書くポイントとは?

手紙は現代でも自分の思いや考えを相手に伝えるための魅力的なツールです。美しい手紙を書けるならば、手紙を受け取った相手も喜びますので対人関係も良くなります。手紙の書き方はどうすれば良いのでしょうか?

手紙を書く時は、通常まず「拝啓」といった頭語から文章を初めて、「敬具」といった結語で文章を締めくくります。親しい人やお見舞いの手紙の場合は、「前略」と「草々」などの言葉を使用します。

目上の相手に出す場合は、「謹啓」と「謹言」を使用します。頭語の次に書くのは時候の挨拶ですが、月や上旬、中旬、下旬に手紙を出すタイミングによっても違ってきます。

手紙の最後には、結びの挨拶で締めくくって結語で完成します。結びの挨拶は、「活躍をお祈り申し上げます」という繁栄を祈るものや、「ご自愛ください」という相手の幸せを願うものなど内容に合ったものを選びましょう。

手紙資格取得を目指すなら

手紙は重要なコミュニケーションの手段ですが、いざ手紙を書こうと思ってもうまくいかないことがあります。美しい手紙を書くためには必要な基礎知識が必要だからです。

そんな時に役立つ通信講座があります。諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座・スペシャル講座」ですが、手紙の基本的な構成や、招待状などの手紙、礼状や送り状といった色々な手紙の美しい書き方、人に喜ばれる手紙の書き方を学べます

さらに、「レターライターW資格取得講座・スペシャル講座」を受講するならば、2つの手紙資格を取得することが可能です。日本デザインプランナー協会(JDP)主催「レターライター」と、日本インストラクター技術協会(JIA)主催「手紙・文章ライター」です。

2つの資格を取得するならば、自分に自信が持てますし、コミュニケーション能力も培えることでしょう。

手紙資格取得したらどうなる?

諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座・スペシャル講座」を受講し、「レターライター」と「手紙・文章ライター」の2資格を取得するならば、自分が友人や家族に手紙を書く時に役立ちますし、資格を活かしてカルチャースクールや自宅で講師活動をすることが可能になります。

まとめ

手紙の資格を取得することを考えている人は、独学ではなく通信講座がおススメです。そうすれば、最短2ヶ月で2つの資格を取得することができることでしょう。


  • TOP