手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

近年、企業で働くサラリーマンやOLを中心に「手紙レター資格」が注目されています。

手紙レター資格の取得を目指し勉強することで、ビジネスシーンに役立つ正しい日本語をマスターすることが可能なため、すでに多くの方から高評価を得ています。

では、手紙レター資格とその受験日程の目安について詳しくみてみましょう。

手紙レター資格とは?

手紙レター資格には国家資格はなく、すべて民間資格です。いくつかの種類がありますがすでに高評価を得ているおススメの資格は、日本デザインプランナー協会主催の「レターライター」と、日本インストラクター技術協会主催の「手紙ライター」です。

では、それぞれの認定試験の受験日程目安についてみてみましょう。

レターライター認定試験の受験日程について

日本デザインプランナー協会主催の「レターライター」認定試験は年に6回、2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に定期的に実施されています。

公式ホームページから認定試験の申請を行い、自宅での在宅受験を採用しているので、家から出ることが難しい方や地方に住んでいる方、毎日忙しくしている方でも気軽に受験することができるのが魅力的な認定試験と言えるでしょう。受験費用は、税込み10,000円です。

手紙ライター認定試験の受験日程について

日本インストラクター技術協会主催の「手紙ライター」認定試験は、レターライター同様、2月、4月、6月、8月、10月、12月の年に6回・偶数月に行われています

2ヶ月に1度の割合で定期的に実施されているので、比較的受験チャンスが多いことが評価されています。受験の申し込み手続きは、公式ホームページから行います。

各認定試験は申し込み期日が決まっていますので、ホームページでしっかり確認しましょう。受験費用は税込み10,000円で、受験方法は在宅受験を採用しています

まとめ

レターライターと手紙ライターは、受検資格がなく誰でも自由に受験することが可能な人気の認定試験です。また、年に6回、つまり、2ヶ月に1度定期的に認定試験が開催されているのもポイントです。

諒設計アーキテクトラーニングでは認定試験に対応した資格取得講座を提供しています。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみませんか?


  • TOP