手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

読みにくい文体と読みやすい文体

読みにくい文体と読みやすい文体

手紙だけに限らず、読みにくい文体と読みやすい文体があります。手紙を受け取った側は、相手の気持ちがこもっている手紙を、全部しっかりよみたいと思っています。

しかし、読みにくい文体だと、みた瞬間に読む気を失ってしまいます。そのようなにならないように読みにくい文体と読みやすい文体の特徴を理解しておくことは大切です。では、両者の特徴をみてみましょう。

読みにくい文体の特徴とは?

手紙でも改行が一切ないと、ただ書きたいことだけを書いている文章のように感じ全く読みやすくありません。特にパソコンを使って改行なしで手紙を書くと、紙面が真っ黒になりとても読みづらい手紙が仕上がります。

ですから、改行を適度にいれるようにしましょう。また、書き手の描きたいことばかり書いてある手紙内容は、読み手は飽きます。ですから、文章の構成にも注意する必要があります。

読みやすい文体の特徴とは?

読み手が読みやすいと感じる手紙は、漢字・ひらがな・カタカナの全体のバランスが整っている手紙です。漢字だらけの手紙は、読みにくい印象を与えます。

しかし、ほどよくバランスが整っていることで読みやすい文章に仕上げられます。また、読みやすい手紙は何でも漢字にしていません。全体のバランスをみながら文章を書くことで、読み手が読みやすく感じる手紙をかけるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」

諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」は、日本デザインプランナー協会主催の「レターライター」と、日本インストラクター技術協会主催の「手紙ライター」それぞれの認定試験に有効な講座内容を提供しています。

この講座は資格取得を目指しながら手紙の基本的な構成、さまざまな用途や目的にあった美しいい模範的な書き方を自宅で学べます。

年上の方と接する機会が多いビジネスシーンでも役立つ実践的な内容を学べるのでサラリーマンやOLをはじめとし、就職活動をしている学生さんにもオススメの講座です。

初心者の方でも問題なく学べるよう独自のテキストを採用していますので、安心して受講することが可能となっています。

まとめ

いかがでしたか?諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講すれば、文章の構成方法を学べるので読みやすい手紙の書き方を学べます。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?


  • TOP