手紙レター資格のおすすめ情報サイトサイトイメージ

美しい文体で書かれた手紙は人の心を動かしてくれます。当サイトでは、そんな素敵な手紙を書くために役立つ情報と、おすすめの資格・講座の特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。手紙の力でスキルアップ!

MENU

資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

日本語の美しさは、世界に認めるほど魅力的な言語として知られています。そんな日本語の正しい知識を理解していることを認定する手紙レター資格が話題となっています。

ビジネスにも役立てられるため、社会人を中心に注目されています。では、手紙レター資格を活かしてどのように働けるのかみてみましょう。

手紙レター資格とは?

近年注目されている手紙レター資格にはいくつかの種類がありますが、国家資格ではなくすべて民間資格となっています。

その中でも受験資格がなく誰でも自由に受験することが可能な日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「レターライター」と、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「手紙ライター」がすでに多くの方から評価を得ています。

では、これらの資格をどのように活かせるでしょうか?

「レターライター」資格を活かして働くには?

レターライター資格には、日本語を理解しているだけでなく、それを文章として書く能力が求められています。資格取得を目指しながら勉強することで、正しい季語や敬語の使い方を学べます。間違った日本語をそのまま使用している人も少なくありません。

しかし、正しい日本語が使えれば、ビジネスで自分より目上の人と接する際に役立てることができます。また、手紙はもちろん、パソコンなどで送る文章もきちんとしたものが書けるようになります。つまり、さまざまなビジネスシーンに活かすことが可能です。

「手紙ライター」資格を活かして働くには?

手紙ライター資格は、手紙や文章について人に教える能力も求めているため、この資格を活かして講師として活動することが可能です。

カルチャースクールやセミナー、生涯学習センター、自宅などで手紙のプロとして活躍できるでしょう。

資格取得を目指し勉強することで、正しい日本語の使い方や文法など学べるので自信がつくので、仕事はもちろん、プライベートでも役立てる実践的な資格となっています。

まとめ

レターライターと手紙ライターそれぞれの認定試験に有効な諒設計アーキテクトラーニングの「レターライターW資格取得講座」を受講すれば、効率よく試験対策することが可能です。

初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムが組まれているので、誰でも安心して受講でき、手紙のプロを目指せます。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみませんか?


  • TOP